カルキダカムの月(7月~8月)

カルキダカムの月(7月~8月)

インド占星術によると、マラヤーラムのカルキダカム(7月~8月)の月は月に属するとされています。この前提に基づいて、太陽はシヴァ神のように王とされ、月は女王でありパルヴァティーです。そのため、カルキダカムは女神に捧げられた月となります。

各家庭では、この月の間にガナパシーホーマムやバガヴァシーセヴァのような儀式が行われます。儀式は毎日お寺で行われます。自宅でこれらの祈りを行うことができない人は、近くの寺院で行うことができます。これらの儀式はトラブルを追い込み、繁栄へと導くと信じられています。
この間、寺院や家ではラーマーヤナの朗読が行われます。カルキダカ ヴァヴの日は、先祖に捧げる日です。この日は、バリの儀式のメモリアルサービスが縁起が良いと言われています。バリの儀式の供養は縁起が良いとされています。
儀式の手配は、シヴァ神に捧げられたアウルヴァ・シヴァ寺院、ティルネリ寺院、ヴァルカラ寺院、その他の寺院で行われます。
カルキダカム ムーンは、アーユルヴェーダと美容を高めるトリートメントに最適です。太陽が強くなく、雨が少ないことが効果的です。
最近、若い人たちの間でカルキダカム(お粥とアーユルヴェーダの成分を混ぜたもの)を食べることが流行しています。
今月はコロカシアによるかゆみが少なくなりますが、アーユルヴェーダではドラムスティックの葉は避けた方が良いとされています。

Read more