カテゴリー: 小話

インド占星術と宝石処方

Dr.P.B.Rajesh

インド占星術的には、木星は子供のための惑星であり、その惑星がその人ののホロスコープで強く、友好的であれば、子供ができることを意味します。

以前、とある父親が問題を抱えて私のところに来ました。「娘は結婚生活が5年になるけれど、まだ子供がいない」とのことでした。


私は彼の義理の息子に、イエローサファイアのリングをつけるよう提案しました。彼曰く、義理の息子は6ヶ月後に年次休暇で遊びにくるとの事でした。しかし、義理の息子に、リングを送付するように伝えました。健康関係の問題が理由で、宝石を身に着け始めた場合、体に変化を感じ始めるのに数か月かかるからです。
しかし、3ヶ月後に不幸があり、義理の息子は付き添いで、1週間その父親のもとに滞在したとのことでした。
1ヵ月後、その父親から私に連絡が入り、それは良い知らせでした。娘さんは妊娠したそうです。

私は似たような経験を何度もしたことがあります。第5ハウスの惑星が男性のホロスコープ上で強くなければいけなく、女性の場合は第9ハウスが強くなければいけません。
どの惑星が弱く、問題を解決するためにどの宝石が必要かは人によって違います。宝石処方のプロとして、問題の解決方法を提案できますので、いつでもお問い合わせください。

Read more

カルキダカムの月(7月~8月)

インド占星術によると、マラヤーラムのカルキダカム(7月~8月)の月は月に属するとされています。この前提に基づいて、太陽はシヴァ神のように王とされ、月は女王でありパルヴァティーです。そのため、カルキダカムは女神に捧げられた月となります。

各家庭では、この月の間にガナパシーホーマムやバガヴァシーセヴァのような儀式が行われます。儀式は毎日お寺で行われます。自宅でこれらの祈りを行うことができない人は、近くの寺院で行うことができます。これらの儀式はトラブルを追い込み、繁栄へと導くと信じられています。
この間、寺院や家ではラーマーヤナの朗読が行われます。カルキダカ ヴァヴの日は、先祖に捧げる日です。この日は、バリの儀式のメモリアルサービスが縁起が良いと言われています。バリの儀式の供養は縁起が良いとされています。
儀式の手配は、シヴァ神に捧げられたアウルヴァ・シヴァ寺院、ティルネリ寺院、ヴァルカラ寺院、その他の寺院で行われます。
カルキダカム ムーンは、アーユルヴェーダと美容を高めるトリートメントに最適です。太陽が強くなく、雨が少ないことが効果的です。
最近、若い人たちの間でカルキダカム(お粥とアーユルヴェーダの成分を混ぜたもの)を食べることが流行しています。
今月はコロカシアによるかゆみが少なくなりますが、アーユルヴェーダではドラムスティックの葉は避けた方が良いとされています。

Read more

インド占星術での鑑定を受けてみて

こんにちは!スタッフのrenです。今日は、以前私がDr. P B Rajeshに鑑定してもらった時のことをお話したいと思います。

Dr. P B Rajeshのインド占星術を受けた感想

とてもシンプルな占いをする方です。完結にまとまっているという表現の方が的確かもしれません。私自身が言われたことで、特に覚えていることがあります。占いが始まるとすぐに、「緊張感がいつも高い」という事と、「仕事でアウトプットが少ない」と言われた事です!!くやしいですが、事実です(苦笑)

これらを改善するために、パールとナヴァラトナをすすめられ、とある現地のジュエリーショップで購入することができました。

日本に戻ってから鑑定して頂いた時の事です。私は、「がんばって継続してきた事を辞めたい」とその頃思っており、決断を下す前に、Dr.P B Rajeshに相談しました。

”1月(その時点では2か月後)まで待ってみて、それでも「辞めたい」と思っていたら、一つの選択肢としてもいいが、現時点の星周りをみると、今決断を下すのは良くない。” と言われました。

結局2か月が過ぎ、1月になってみると、「辞めたい」と思っている自分はどこにもいませんでした。(汗)

インド占星術のメール鑑定は、どうしても困った時に助けになってくれます。また、自分にとってネックになっていた面の改善点を宝石処方の面から提示してくれます。

ご興味がございましたら、是非一度お試しくださいませ!

Read more

インド占星術との出会いとDr. P B Rajeshとの出会い

こんにちは。
スタッフのrenです。

今日は、本場インドのインド占星術師のDr. P.B Rajeshとの出会いまでのストーリーを、2回に分けてお話しようと思います。

1回目は、インド占星術との出会いから、どうやってDr.P B Rajeshの事を知ったかまでのストリーです。

2回では、私が占いで言われた事と、Dr.P B Rajeshの占いを受ける上で向いている人や鑑定を受けるコツについてお話しようと思います。

インドにもインド特有の占いがある事を知る

あるきっかけからインドに興味を持つようになり、2018年に初めてツアーにて、西インドと北インドをまわりました。

私自身、もともと占い好きでしたので、Googleで検索して、インドにもインドの占いがあることをツアーの参加前に知りました。

しかし、2018年の旅はツアーでしたので、占いをしてもらう時間はなく終わりましたが、その時のインド人のガイドさんには、インド占星術についてちょっと話したのを覚えています。

「イベント事(子供の進学や家の購入など)の時には、占いに行く事がある」との事でした。

南インドで本場のインド占星術を体験

次の年の2019年に、個人旅行にてアーユルヴェーダの施設に1週間滞在することを決め、今回は必ず現地で占いに行こうと決めていました。

「自分自身がピンとくる占い師がいい」と思っていました。その「ピンとくる」というのは、あくまで現地の人からの紹介が良いと思っていました。

なかなか情報を得られなかった

施設の人に聞いていても、なかなか「現地の占い師」の情報は得られない日が続き、帰国の日も迫っていました。

しかし、帰国の前日に、施設のある方が「ここのジュエリーショップに聞いてごらん。」と言ってきてくださいました。その時は、なぜジュエリーショップなのかも、あまり意味がわかりませんでしたが、とてもゴージャスなそのジュエリーショップのホームページを横目に、実際に電話をかけしました。

そこのジュエリーショップに紹介されたのが、Dr. P B Rajeshです。

電話番号を入手し、すぐ電話して、次の日には見て頂くことになりました。

後からわかったことですが、インド占星術と宝石は深いかかわりがあり、それが故に、そのジュエリーショップは、インド占星術師を知っていたといことでした。

ようやくたどり着いた現地のインド占星術師

鑑定の場所は、Dr. P B Rajeshのお宅でした。

色々な不安はありましたが、施設に手配してもらった車で、友人と現地へ向かい、無事、インド占星術を体験することができました。

あとから施設の方に聞いたのですが、「Dr. P B Rajeshは、現地では有名なインド占星術師だよ」とお話してくださいました。

とても気さくな方で、ご家族も紹介下さいました。

Read more